森野クリニック

MENU

Greeting ご挨拶

森野クリニック院長の森野道晴です。

専門分野は脳神経外科で、特にてんかん外科治療を中心とする機能脳神経外科に携わっていました。脳神経外科道を志してから、最初の10年は脳神経外科一般を研鑽し、大阪市立大学大学院では脳循環調節中枢の研究を行いました。その後、脳動脈瘤のクリッピング術や頭蓋底外科および脊椎脊髄外科分野で手術経験を積み、1997年に大阪市立大学脳神経外科で「てんかん外科治療」を自らが中心になって立ち上げることになりました。まずは米国のアーカンソー州立大学脳神経外科で留学し、最も外科治療の適応となる「側頭葉てんかん」に対し、側頭葉の脳実質を温存して海馬のみを切除する低侵襲的な選択的海馬扁桃体摘出術の手術法を学んできました。
帰国後は2012〜2016年の5年連続で日本一のてんかん手術数を誇り、いままで自身が経験した、てんかん手術数は1200例をこえています。その実績が評価され、2018年の「日本てんかん外科学会会長」を拝命しました。

本邦には約100万人にのぼるてんかん患者が存在し、なかには発作が慢性化し、結婚や就職に支障をきたしている方がおられます。てんかんによる性格変化も相まって、コミュニケーション障害でお悩みになっている患者さんも多いので、心の扉を開くような対応が重要です。

これまでの豊富な治療経験を生かして、患者さんに「森野クリニックで治療を受けてよかった。」と言っていただける施設にしたいと思っています。もちろん、お仕事のストレスによる頭痛やめまいなどの症状でお悩みの方々にも適切な診断および治療を提供して参りますので、お気軽に当クリニックにおいでください。

森野クリニック院長 森野 道晴
森野クリニック院長
森野 道晴
森野クリニック院長
森野 道晴
森野クリニック院長 森野 道晴